生駒 まどか村

11月5日、秋真っ盛りの日

4組のバンド&ソロ演奏をBBQと共に楽しみました。

マンドリン、ギター、ウクレレ、キーボード、スチールギター有りです。

スチールギターの演奏者はなんと今年米寿を迎えられたそうです。

音楽は素晴らしい!



秋晴れの好天の日、スミセイ主催の「お里澤市ウォーク」に参加しました。

近鉄飛鳥駅をStartして壺阪寺Goal約10キロ余りのコースです

キトラ古墳~高取城下の土佐街道を歩き、

壺阪寺到着!

眼病封じ祈願雑煮の接待と境内見学

境内にて常盤住職の法話があり

その後、高石ともや氏のミニコンサートを楽しみました。

 

*壺阪寺のご本尊である十一面千手観音菩薩像は「眼の仏」  として広く信仰をあつめています。

明治に生まれた壺阪霊験記は、義太夫や浪曲に取り組まれ、

歌舞伎座や人形の舞台で演られています。


今年もセッションでその年のボジョレーヌーヴォーを楽しむ会を開催!

今年で4回目になります。今年のコロナウィルスの状況下であっても、「ガメイ種」のブドウの生育は大変良好だと聞いています。

解禁日に味わうボジョレーヌーヴォー今年も楽しみにしています。ご興味のある方はご連絡下さい。

因みに昨年のボジョレーヌーヴォーと飲み比べも企画しています。


若い頃から無類のワインが好きです!

ワインの知識を深めたい、講釈を言いたい為に思い切ってワイン検定に挑戦

2020年 コロナの影響で試験も2度延期になり、漸く9月13日に検定試験実施

先日、バッジと証明書が日本ソムリエ協会から送られて来ました。

私と飲まれる方は、今後益々講釈が長いことをお許し下さるとともに、覚悟してお付き合い下さい


10月の山麓会ハイキングは、秋晴れの好天に恵まれ、五条新町歴史めぐりコースに行ってきました。

明治維新のさきがけ天誅組ゆかりの櫻井寺を起点として、金剛寺→栗山住宅→新町通り→まちや館→まちなみ伝承館→民俗資料館→五新鉄道跡→JR二見駅のコースです。

五条市は、奈良県南西部の南和地域の中心都市

江戸から昭和にかけての建築ば残り文化財指定を受けている江戸時代の町家をはじめ、蔵や寺社、さらに昭和初期の近代建築と様々な建築が立ち並んでいます。

写真は幻の五新鉄道の跡

五条から紀伊半島を縦貫し和歌山新宮までを結ぶ壮大な計画でしたが、昭和56年の国鉄再建問題で事業が中断された幻の鉄道です。

カンヌ国際映画祭で新人監督賞を受賞した河瀨直美の「萌の朱雀」は、五新鉄道と西吉野村の雄大な自然を物語の舞台にしています。

帰路は王寺駅廻りで帰宅、五条の歴史を勉強できた一日でした。

 

 



「Sessionにて」 毎月第2金曜日にハーモニカ同好会の皆さんによる「吹きまくる会」発足

クロマティックハーモニカ、副音声ハーモニカ演奏、自慢の演奏を披露

会員募集中です。

ハーモニカ、オカリナ、キーボード、ギター等

他の楽器での参加もOKです。

是非、セッション楽しみましょう!



Go To Travel

9月末に2泊3日で、GoToTravelを利用して、伊勢、和歌山に行きました。初めての一人旅、新型コロナウィルスの中、年甲斐もなく少し緊張しましたが、和歌山の繁華街に繰り出し、地元の居酒屋で、大阪池田の地酒「呉春」看板を発見し、早速入店!

女将さんも愛想よく「呉春」を堪能しました。

帰り道、和歌山駅近くのライブハウスを発見し、マスターとセッションし

楽しいひと時を!

矢張り昨今の状況下で大変厳しいと嘆いてました。

あくる日は、和歌の浦を見て回りました。

和歌山市は紀州藩の城下町として栄えた中核市、街は紀ノ川が流れしっとりした街でした。

すっかり一人旅を楽しめ、又次回の計画を練ってます。